独学で英会話をマスターしてみませんか?
英会話テキストや、リスニング教材、インターネット、留学など自宅で英会話を学習する方法はたくさんあります。
時間がない人のための独学英会話術をご紹介しています。

独学で英会話はじめてみませんか?

英会話の必要性

あなたは、なぜ英会話を習得する必要があるのでしょう・・。英会話取得の学習を始める前に、まずその目的についてしっかり考えておきましょう。

なぜ英会話を習得する必要がある?

あなたは今、英会話を習得するための学習をしている、または始めようとしている人だと思いますが、なぜ自分は英会話を身に付けなければいけないかという明確な目的をもって学習していますか?人それぞれ英会話を学習している目的は様々でしょう。

就職を有利にするための英語関係の資格を取得したい!次の海外旅行先で英語を話したい!海外出張を命令されてビジネス用語が必要になった!会社のオペレーターをしているため英語でかかってきた電話の対応が必要!等目的は様々でしょう。

目的に応じた方法で学習する

ところで、このような人たちが英会話を習得しようとする場合、それぞれの目的に応じた学習方法でなければ、より早く目的を達成する事は出来ないでしょう。

例えば会社での仕事上、英語でかかってくる電話の処理のみ出来るようになればいい人が、基本的な文法に始まって日常的な英会話の学習をしても、すぐに必要な電話応対のための会話は身に付きません。

このような人は先ず、ピンポイントで仕事上の電話で使用される想定会話集のようなものを作成して、聞いたらすぐ理解出来て、即座に返答できるような英会話の訓練を徹底的に行うべきでしょう。明日、出社した時からすぐに必要となる電話応対の英会話のパターンを一つでも多く覚える必要があるからなのです。

何となくでは英語は絶対に話せるようにはならない

一番悪いのは「英語を話せるようになったらカッコイイから」「なんとなく英語を話せるようになりたい」といった程度の理由から英会話の学習を始めている人の場合です。

その場合、何をどの程度学習すればいいのか、どのレベルになったら目標を達成したいと言えるのか、全く分からないし、ただダラダラと学習しているだけの状態となってしまいます。特に、今現在英会話の学習を行っている人は、「自分はなぜ、何のために英会話が必要なのか」という事について今一度考え直してみてはいかがでしょう・・・・。

受験のために必要な英会話

最近では、入学試験でリスニングテストをする学校や英検などの上級資格を持っていると試験免除などの制度を有している学校なども見受けられますが、受験に必要な英語をマスターするためにはどんな勉強をしておけば良いのでしょう。

日本の場合、大学まで出て10年間英語を勉強してもほとんどの人が英語を話せないというのは海外でも有名になりつつありますが、日本人が読み書きについては非常に優れているという事もかなり認知されています。

日本の学校の入試試験は読み書きに関するものが中心!

現在の日本の入学試験では、リスニングテストが行なわれるようになったと言っても、主体としては読み書きが中心と言ってもいいでしょう。

従って受験のために必要な英語の学習方法は、今まで通りで良いということです。但し、最近ではリスニングテストのレベルがそれなりに上がってきているようですので、受験用の問題集などに添付しているCDなどで聞き取りの訓練をしておくことは必要でしょう。

就職のために必要な英会話

就職時にはどの程度の英会話レベルを習得しておけば有利となるのでしょう。就職に必要な英会話といっても、就職先の業種や業務内容によって英会話の必要性は大きく変わってきます。

業種や職種で全く違う英語力の必要性

たとえ英検1級の資格をもっていたとしても、英語とは無縁の会社に就職するのであれば、面接時に「ほ〜!」っと感心される程度で後は資格手当てをもらえるわけでもなく、ほとんど無意味と言っても過言ではありません。

反対に外資系企業や航空会社、海外勤務などへの就職を希望する場合は、TOEIC□点以上、英検△級以上といったものまで求人時の条件になっているので、その基準をクリアーしておく事が最低条件となるのです。